消費者金融を利用するときに気をつけたいのが会社選びです。消費者金融選びを間違えると、闇金に引っかかってしまい、膨大な借金を背負う可能性があります。

消費者金融というと印象が悪い、全て闇金のように感じてしまうかもしれませんが、一般的な消費者金融はそこまで印象は悪くもなく、返済できる範囲の借り入れしか出来ません。利息に関しても常識の範囲内です。

では、安心してお金を借りることができる消費者金融と、危険な闇金は、どんな違いがあり、どうやって見分けることが出来るのでしょうか。

闇金とは?

闇金とは、届出を出していない消費者金融です。 基本的に消費者金融として会社を作るためには国への届出が必要となります。そのため国の法律に従って、利率などの割合も決められているのです。

しかし闇金は届出を出していない違法の消費者金融です。そのため、法外な利息を要求したり、犯罪行為を行っていたり、普通の消費者金融から借り入れできないような人も受け入れていたりします。 闇金で借りると、常識の範囲外の利息が追加されて、何年返しても返済をすることが出来ず、いつまでも借金を支払い続けることとなってしまうでしょう。

消費者金融と闇金はどうやって見分けるべきなのか

闇金の見分け方はいくつかあります。

まず第一に、登録されているかどうかのチェックです。 消費者金融を行うときは都道府県に届出を出す必要があり、届出を出すと登録番号が発行されます。そのため登録番号の記載がない消費者金融は闇金の可能性が高いでしょう。 しかし最近は、嘘の登録番号を記載したり、実在する消費者金融の番号を偽って掲載をしている闇金もあるので注意をしてください。

続いて勧誘方法です。 普通のキャッシングはサイトや店舗からの集客がほとんどです。しかし闇金は違法の消費者金融なので、何かあったときすぐに警察から逃げられるようにサイトや店舗を持たないところが多い傾向です。 そのため、ダイレクトメールや電話、ポストへのチラシ投函で顧客を確保しています。いきなりメールや電話で融資の案内が来たときは闇金だと疑いましょう。

最後に連絡手段です。 きちんと登録されている消費者金融は固定電話での連絡が殆どですが、闇金はすぐに逃げられるように携帯電話からの連絡が多いです。そのため、連絡手段が携帯電話のみの場合は注意をしましょう。 もちろん固定電話を持っている闇金もいますが、携帯電話しか連絡先が記載されていない、連絡手段がいつも携帯電話という消費者金融は闇金の可能性が高いので注意をしてください。

このページの先頭へ